家賃交渉はしたもの勝ち?

まだ若い頃の話ですが、住んでいる賃貸マンションで家賃交渉というものがありました。
ダメ元で行ってみたら10000円以上あさっりと賃料を値下げしてもらうことができました。
年間12万円以上の差でこれは何とも大きい金額でした。

ふと見かけた賃貸物件のウェブサイトに自分の住んでいる物件の空いている部屋が記載されてました。
それの値段は何と自分の部屋より10000円以上も安い設定でした。
同じ階で自分の隣の空いている部屋。
お互いに角部屋でもなく条件は同じだと思いつつ賃料だけに差がある感じでした。
ずっと空いている部屋だったので値下げを繰り返しその値段になっているのもわかるのですが何か腑に落ちないところでした。
色々と家計を見直している時にちょうどその賃料のことを思い出した時がありました。

あまり交渉というものが得意ではないので尻込みしていたのですが更新時期とちょうど被ったこともあり思い切って交渉してみました。
隣の空いている部屋の値段を提示し、できれば自分の部屋も下げてもらえると助かります的にダメ元で交渉をしました。
そしたらあっさりと受領され月に10000円以上も安くなったことがありました。
これはもしかしたら交渉したもの勝ちなのかもと思った出来事でした。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です